ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

【フローチャートモード】基本的な操作手順

2019-11-18 19:14:10
2157 views

摘要:本文には、フローチャートモードの基本操作手順を紹介します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

1.正しいURLの入力

ブラウザでスクレイピングするURLをコピーし、ScrapeStormのフローチャートモードを開いてURLを貼り付け、新しいスクレイピングタスクを作成します。

正しいURLを入力する方法については、ここをクリックしてください。

2.ログインする必要があるWebページのスクレイピング

ログインする必要があるWebページに遭遇する場合、事前ログイン機能を使用してWebページにログインし、通常のデータスクレイピングを実行する必要があります。

Webページへの事前ログイン方法の詳細については、ここをクリックしてください。

3.コンポーネントの使用方法

ScrapeStormチームは、複雑なスクレイピングコーディングを視覚的に簡易化することにより、開発スクレイピングルールをコンポーネントに変えます。 フローチャートモードのコンポーネントは動作コンポーネントとフローコンポーネントに分けられます。コンポーネントは、フローチャートスクレイピングタスクを構成する最も基本的な要素です。

リンクをクリックして、動作コンポーネントフローコンポーネントの詳細をご参照ください。

4.スクレイピングコンポの設定

ユーザーさんは、システム支援タップを使用してコンポーネントを設定するか、手動でドラッグして設定できます。 異なるスクレイピングタスクでは、異なるコンポーネントをセットアップする必要があります。

コンポーネント設定の詳細については、ここをクリックしてください。

5.抽出フィールド設定

コンポーネントを設定した後、ユーザーは、データ抽出コンポーネントで抽出するフィールドを設定できます。

ここをクリックして、抽出されたフィールドの設定の詳細をご覧ください。

6.実行の設定

抽出フィールドの設定後、ユーザーさんはスクレイピングタスクを設定できます。システムのデフォルト設定を使用するか、自分でスクレイピングタスクを設定できます。

スクレイピングタスク設定詳細については、ここをクリックしてください。

(1)スゲジュール

通常、ユーザーさんはデータのスクレイピングを開始する特定の時点を選択できます。ユーザーさんが特定の時間でデータを選択することに加えて、ライトプラン以上のユーザーは特定の時間でデータのスクレイピングを続行することもできます(ソフトウェアを実行し続けてください)。

スケジュールの詳細については、ここをクリックしてください

(2)アンチブロック

ユーザーさんは、さまざまな設定を通じてアンチブロックを実現できます。

アンチブロックの詳細については、ここをクリックしてください。

(3)自動エクスポート

ライトプランとその以上のユーザーさんは、自動エクスポートを使用して、実行中のデータをエクスポートできます。データをエクスポートするためにタスクが終了するまで待つ必要はありません。また、スケジュール機能による自動エクスポートすることでき、時間を大幅に節約し、効率を向上させます。

動エクスポートの詳細については、ここをクリックしてください。

(4)画像のダウンロード

Webページから画像をダウンロードする必要があるなら、画像のダウンロード機能を使用してください。

画像のダウンロードの詳細については、ここをクリックしてください。

(5)アクセルエンジン

プレミアムプランのユーザーさんはアクセルエンジンを使用でき、スクレイピングにはかなりスビートアップになります。

アクセルエンジンの詳細については、ここをクリックしてください。

7.抽出結果の表示とデータのエクスポート

タスクの設定後、ユーザーは抽出結果を表示してデータをエクスポートできます。

抽出の結果を表示してデータをエクスポートするその他の方法については、ここをクリックしてください。