ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

iタウンページから企業情報をスクレイピングする

2019-11-19 10:10:36
245 views

摘要:本文では、ScrapeStormのスマートモードを通じでiタウンページから企業情報をスクレイピングすることを紹介します。コードを書かなく、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

「iタウンページ」は、インターネット上で約700万件の事業所・店舗情報が検索・閲覧できるサイトで、スマートフォンのブラウザーや専用アプリからも利用することができます。月間約2億PVのアクセスがあるこのサイトは、外出先の位置情報から近隣にある店舗情報を検索するなどユーザーの利用シーンに合わせた進化を続けています。

スクレイピングツールの概要

ScrapeStormとは、人工知能に基づき、強い機能を持っているWebスクレイピングツールです。プログラミングが必要なく、ほとんどのWebサイトからデータをスクレイピングします。URLを入力するだけで、自動的にWebサイト内容と次のページボタンを識別できます。1-ClickでWebサイトからデータを自動的に抽出します。Excel、HTML、Txt、CSVなどのさまざまな形式でデータを出力、保存できます。さらに、データベースやウェブサイトにデータをエクスポートできます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

Excel 2007へのエクスポート:

1.タスクを新規作成する

(1)iタウンページのURLをコピーする

企業情報をスクレイピングするため、iタウンページの検索結果ページのURLを入力してください。ScrapeStormは自動的リストを識別できます。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

(2)スマートモードタスクを新規作成する

スマートモードタスクを新規作成には、ソフトウェアのホムページで作成できます。また、必要に応じて、持っているタスクをインポートすることもできます。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

2.タスクを構成する

(1)ページボタンの選択

ソフトウェアはiタウンページのページボタンを自動識別できないから、手動でページボタンを選択してください。

ページ分けの設定詳細は下記のチュートリアルをご参照ください。

ページ分けの設定

(2)詳細ページに行く

会社情報の詳細をスクレイピングするため、詳細ページに行く必要があります。

詳細ページのスクレイピング詳細は下記のチュートリアルをご参照ください。

詳細ページのスクレイピング方法

(3)事前操作

事前操作機能を利用して、会社情報をクリックして保存します。ScrapeStormは自動的に事前操作を行います。

(4)リストを選択

手動で会社情報のリストを選択してください。

ページタイプの設定詳細は下記のチュートリアルをご参照ください。

ページタイプの設定

(5)フィールドの編集と追加

必要に応じてフィールドの名前の変更または削除、結合できます。

フィールドの追加には、「フィールドを追加」ボタンをクリックして、画面に抽出する要素を選択、データが自動的に抽出されます。

フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたフィールドを配置する方法

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定

ソフトウェアには色々な機能を提供しますので、必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、画像のダウンロード、スピードブーストなどを設定できます。

スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。

スクレイピングタスクを配置する方法

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされる。

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードする

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。

ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。

抽出結果を表示し、抽出されたデータを消去する方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータの表示と消去する方法

抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータのエクスポート方法

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。