ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

LinkedInから求人情報をスクレイピングする

2019-11-20 13:24:17
60 views

摘要:本文では、ScrapeStormのスマートモードを通じでLinkedInから求人情報をスクレイピングすることを紹介します。コードを書かなく、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

LinkedIn(リンクトイン)は、世界最大級のビジネス特化型SNS、および同サービスを提供するシリコンバレーの企業。2003年5月のサービス開始後、アメリカ合衆国を始め、世界各国で普及し、2018年4月現在、登録メンバーは5億4千万人を超す。LinkedInでは、利用者がビジネス専用のプロフィールを作成し、サービスの中でビジネスのつながりを広げ、ビジネスパートナーや人材を探したり、営業先の顧客や商談先、専門家などとコンタクトを取ることができます。

スクレイピングツールの概要

ScrapeStormには人工知能に基づき、Webスクレイピングツールです。プログラミングが必要なく、ほとんどのWebサイトからデータをスクレイピングします。強い機能を持つ、使いやすいです。URLを入力するだけで、自動的にWebサイト内容と次のページボタンを識別できます。1-ClickでWebサイトからデータを自動的に抽出します。デスクトップアプリとしてのScrapeStormには、Windows、Macと Linux のシステムに適用します。Excel、HTML、Txt、CSVなどのさまざまな形式でデータを出力、保存できます。さらに、データベースやウェブサイトにデータをエクスポートできます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

Excel 2007へのエクスポート:

1.タスクを新規作成する

(1)URLをコピーする

求人条件をLinkedinに入力して、検索結果ページのURLをコピーしてください。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

(2)スマートモードタスクを新規作成する

ソフトウェアのホムページ画面に新規作成できます。持っているタスクをインポートすることもできます。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

2.タスクを構成する

(1)事前ログイン

より多くの求人情報を収集するため、Linkedinにログインする必要があります。事前ログインボタンをクリックして、ログインできます。

(2)詳細ページに行く

仕事の内容は通常、Linkedinの詳細ページに展示されていますから、「詳細ページに行く」ボタンをクリックして、データ抽出ができます。

詳細ページのスクレイピングについては、下記のチュートリアルをご参照ください。

リストページと詳細ページをスクレイピングする方法

 (3)フィールドの追加と編集

必要に応じて、抽出されたフィールドを結合、フィールド名を変更、特殊フィールドの抽出などもできます。

また、「フィールドを追加」ボタンをクリックして、フィールドを追できます。

具体的な設定には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたフィールドを配置する方法

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定

ソフトウェアは数多くの機能を提供します。必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、画像のダウンロード、スピードブーストを設定できます。

スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。

スクレイピングタスクを配置する方法

(2)しばらくすると、実行画面にデータのスクレイピングが見えます。

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードします。

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。

ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。

抽出結果を表示し、抽出されたデータを消去する方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータの表示と消去する方法

抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータのエクスポート方法

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。