ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

価格.comから商品画像をスクレイピングする

2019-12-03 13:14:18
55 views

摘要:本文では、ScrapeStormのスマートモードを通じで価格.comから商品画像をスクレイピングすることを紹介します。コードを書かなく、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

主力事業であるパソコンやAV機器を中心とした電気製品の価格比較ウェブサイト「価格.com」は、電気製品の価格比較以外にも、商品(自動車やペットなどパソコン関連やAV機器以外もある)に関連する多数の電子掲示板群やショッピングモールを持つ。売れ筋ランキングは実際に売れた数ではなく、独自のデータを元にした推定であるので、未発売の機種でもランキング上位に来ることがある。実売ベースのBCNランキングとの乖離も激しく「売れ筋」としての参考にはならない。(Wikiからの概要)

スクレイピングツールの概要

ScrapeStormとは、強い機能を持つ、プログラミングが必要なく、使いやすく人工知能Webスクレイピングツールです。違う基盤のユーザーに二つのスクレイピングモードを提供し、1-Clickで99%のWebサイトのスクレイピングを満たします。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

Excel 2007へのエクスポート:

抽出された商品の画像は下記のようにご覧ください。

1.タスクを新規作成する

(1)価格のURLをコピーする

目標商品のキーワードを価格.comに入力して、その検索結果ページのURLをコピーしてください。今回はノートパソコンの人気ランキングを例として、紹介します。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

(2)スマートモードタスクを新規作成する

ソフトウェアのホムページ画面に新規作成できます。持っているタスクをインポートすることもできます。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

2.タスクを構成する

(1)自動識別

ソフトウェアは自動的にリスト要素とページボタンを識別できます。もし、誤差が発生しますなら、手動でやり直してください。

ページボタンの設定詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

ページ分けの設定

(2)詳細ページに行く

リストページの画像はサムネイルです。最もはっきりな商品の画像を抽出するために、詳細ページに行く必要があります。

詳細ページのスクレイピング詳細は下記のチュートリアルをご参照ください。

詳細ページのスクレイピング方法

(3)フィールドの追加

フィールドの追加には、「フィールドを追加」ボタンをクリックして、画面に抽出する要素を選択、データが自動的に抽出されます。今回は商品画像のページリンクを抽出してください。

フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたフィールドを配置する方法

(4)詳細ページに行く

価格.comの商品画像は単独のページで表示されますから、ScrapeStormの「詳細ページに行く」機能を再び利用して、画像のリンクが収得できます。

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定

タスクの起動設定でファイルのダウンロード画面に画像のダウンロードをチェックしてください。また、必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、スピードブーストなど様々な機能も提供します。

スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。

スクレイピングタスクを配置する方法

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされます。

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードしする

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。

ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。

抽出結果を表示し、抽出されたデータを消去する方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータの表示と消去する方法

抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータのエクスポート方法

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。