ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

【フローチャートモード】複数のキーワードによってデータをスクレイピングする - ScrapeStorm

2021-05-31 09:29:54
40 views

摘要:複数のキーワードによってWebサイトのデータを抽出する方法を紹介します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

本文はscrapestormのフローチャートモードを利用して、複数のキーワードによってWebサイトのデータを抽出する方法を紹介します。

一、URLを入力

1.今回は公式サイトを例として紹介します。まず、URLをコピーしてください。

注意:ホームページではなく、できるだけ検索結果ページのURLをコピーしてください。

URLを正しく入力する方法

2.フローチャートモードタスクを新規作成

ソフトウェアのホームページからURLを入力するか、持っているタスクをインポートすることもできます。

タスクの新規作成方法

二、タスクを配置する

1.複数のキーワードを入力するループを生成する

先ず、入力ボックスをクリック、操作ヒントの「テキストリストを入力」を選んでください。

そして、「単一のテキストリストを入力」を選択してください。

今回は「Webスクレイピング、新規、API、IP、ターミナル」を例として、スクレイピング方法を紹介します。

「OK」をクリックして、コンポーネントが自動的生成します。

Webサイトの捜索ボタンをクリックして、操作ヒントの「要素をクリックする」を選んで、クリックコンポーネントが自動的生成すると同時に、サイトが検索結果ページに移動します。

2.データ抽出のコンポーネントを生成する

目標データをクリックして、操作ヒントに「リスト要素を抽出する」を選んでください。

そして、ソフトウェアは自動的ページボタンを識別できます。

ページをめぐる方法は下記のチュートリアルをご参照ください。

ページをめぐる方法

フィールドの配置する方法はスマートモードと同じです。

下記のチュートリアルもご参照ください。

抽出されたフィールドを配置する方法

3.詳細ページに行く

「詳細ページに行く」機能を利用して、より多くのデータ抽出できます。

下記のチュートリアルをご参照ください。

「詳細ページへ」を実現する方法

4.詳細ページのデータを抽出する

目標データをクリック、操作ヒントの「要素を抽出する」を選んでください。ソフトウェアは自動的にフィールドを生成します。

5.生成したコンポーネント

三、タスクを実行する

1.起動

「起動」ボタンをクリックすると、出できたプロンプトでスケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、ファイルのダウンロードなどの機能を設定できます。各機能の設定方法はチュートリアルをご参照ください。今回はこのままタスクを実行します。

スケジュール機能とは

IPローテーションを設定する方法

画像をダウンロードする方法

2.データ抽出

実行画面でスクレイピングの速度、抽出されたデータをプレビューなどが確認できます。スクレイピングが終了する時に、ヒントが出できます。

四、エクスポート

抽出されたデータはTXT、EXCEL、CSV、HTMLのファイル形式でローカルにエクスポートでき、またはデータベース(MySQL、MongoDB、SQL Server、PostgreSQL)、に直接エクスポートできます。

关闭