ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

制覇から誰も聞かずまで、IEブラウザが正式に引退! | Webクローラ | ScrapeStorm

2022-09-23 09:10:23
157 views

摘要:IEブラウザが正式に引退し、デスクトップの占領から「誰も聞かず」まで、誰がそれを打ち負かしたのか。 ScrapeStorm無料ダウンロード

マイクロソフトIEブラウザ(6月16日)が正式に引退しました。

このニュースは意外ではありません。昨年5月、Microsoftは、2022年6月15日に、同社のWindowsソフトウェアの一部のバージョンが現在のバージョンのIE11デスクトップアプリケーションをサポートしなくなることを発表しました。

27年の歴史を持ち、かつては市場独占状態だったIEブラウザは、どうやって終焉を迎えたのでしょうか。

インターネット分析会社のStatcounterの最新データによると、5月の世界デスクトップブラウザ市場のシェアトップ3はGoogle Chrome(66.16%)、Edgeブラウザ(10.12%)、Safariブラウザ(9.14%)だったが、IEブラウザの割合は2%未満でした。

IEブラウザを使用すると、速度が遅い、応答が遅い、単一の機能、互換性が低いなどの不満がよくあります。また、これまでIEブラウザは拡張に対応しておらず、Windows以外のデバイスでは使用できず、デフォルトでは他のデバイスと同期することもできません。これらはChromeブラウザとFirefoxブラウザに備わっている機能です。

これらの後発者は、行動がより迅速になります。GoogleのChromeブラウザを例に、Googleがこの製品を発売した10年間で、この検索大手は70回の更新を行いました。一方、マイクロソフトのIEブラウザはIE 8とIE 11の間で4回だけ更新されました。より速く、より安定し、より安全なパフォーマンスと相まって、ChromeブラウザはIEブラウザの市場シェアを絶えず蚕食しています。

2016年4月、Google Chromeの市場シェアは41.66%に達し、IEの41.35%を上回り、ブラウザ業界の「支配者」になり始めました。そして、その後もより多くの市場シェアを獲得し続け、今日までブラウザ市場全体で圧倒的な優位を占めてきました。

強力なグーグルブラウザや他の強力な敵に直面して、マイクロソフトのエッジブラウザは、それが再び出現したいのであれば、困難と挑戦に満ちています。

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。

Pythonダウンロードファイル
关闭