ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

【スマートモード】【フローチャートモード】Webhookの使い方

2019-09-26 08:48:22
688 views

摘要:本文では、Webhook機能の使い方を紹介します。プライミング必要なし、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

ScrapeStormはWebhookをサポートしています。 この機能を使用することにより、ScrapeStormはスクレイピングされたデータをHTTP / HTTPS URLにエクスポートできます。
この機能は、以下に示すように、実行設定で設定できます。

Webhook機能を使用すると、スクレイピングされたデータはJSON形式で送信されます。

HTTPヘッダーは "Content-Type: application/json; charset=utf-8"です。

例:

{
    "task_id": 3920415, // Scraping task ID, find it by "View All Tasks"
    "task_name": "Scraping task name", // Scraping task name
    "sign": "**********************", // md5(webhook_token+timestamp)
    "timestamp": 1555326657, // current timestamp
    "data_list": [ // Scrape data list
        {
            "_id": "0000000000001", // data ID
            "data": {
                "title": "Landscape",
                "url": "http://www.*****.com/scenery/"
            } // Scrape data field content
        }
    ]
}