ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

【スマートモード】【フローチャートモード】RESTful APIの使い方 - ScrapeStorm

2022-05-06 09:34:08
2441 views

摘要:本文では、RESTful APIの使用方法を紹介します。プライミング必要なし、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

ScrapeStormのRESTful APIを使用すると、HTTPリクエストを送信してスクレイピングタスクを制御できます。

サポートできる機能には、タスクリストの取得、タスクの起動、タスクの停止、タスクのステータスの取得、タスクの削除などがあります。

以下に示すように、この機能は設定センターで設定できます。

デフォルトのモニターポートは80で、設定で変更できます。 APIサーバーは、ScrapeStormが実行されている端末のすべてのIPをバインドします。

例えば:

マシンのIPは 10.0.0.1、ポートは80の場合、RESTful APIのベースURLは

http://10.0.0.1:80/です。

ScrapeStorm APIは、次のように、getとpostの両方をサポートしています。

1. タスクリストを取得する

パス:

GET /rest/v1/task/list

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "リストリクエスト成功",
    "list": [
        {
            "name": "テスト-タスク",
            "time_create": 1555911862,
            "task_id": 5090076,
            "type": "スマート"       //スマート或いはフローチャート
        } 
    ]
}

2.タスクのステータスの取得

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/status

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "リストを成功にリクエスト",
    "status": "スリープ",
    "status_change_time": "1644492503" // タスクが最後に停止またはスリープされたときのタイムスタンプ
}

3.タスクの削除

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/delete

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "消除成功"
}

4.タスクの起動

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/start

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "スタート成功"
}

5.タスクの停止

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/stop

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "停止成功"
}

6.タスクのコピー

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/copy

パラメーター:

パラメーター 説明
name コピーされたタスク名はデフォルト“-copy”を加えて操作可能になります。
translate_chart コピーされたタスクはフローチャートモードに切り替えかどうかにかかわらず、

デフォルトは「False」して、操作可能になります。

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "コピー成功"
}

7.タスクのデータをクリアする

パス:

GET /rest/v1/task/<task id>/data/clear

パラメーター:

なし

戻り例:

{
    "code": 0,
    "msg": "データクリア成功"
}
Pythonダウンロードファイル
关闭