ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

【データのリリース】MongoDBにデータエクスポート方法

2019-11-29 17:05:04
427 views

摘要:本文では、Mongodbにデータをエクスポートする方法を紹介します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

ScrapeStormは、さまざまなエクスポート方法を提供します。 スクレイピングされたデータをMongoDBにエクスポートする必要がある場合は、次のようにエクスポートできます。

ステップ1:

データがスクレイピングされたら、エクスポートインターフェイスで「MongoDB」を選択します。

ステップ2:

データベースを選択して新しい構成を作成するか、構成済みのデータベースを使用します。

新しい構成を作成するときは、最初にデータベースの種類を選択してから、サーバー、ポート、ログイン名、およびパスワードを入力します

入力が正しくない場合、エラーが表示されます。 この時点で、サーバー、ポート、ログイン名、およびパスワードが正しく入力されているかどうかを確認する必要があります。

正しく入力すると、この時点でDB名が表示されます。 DB名を選択すると、それに応じてDBテーブルが表示されます。

その後、ユーザーはDBキャラクターを選択できます。utf8とgbkの2つの選択肢があります。

ステップ3:

すべての設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックしてフィールドマッピングを設定します。

ステップ4:

エクスポート画面に、手動でエクスポートするか、自動でエクスポートするかを選択できます。

手動でエクスポートする場合、エクスポートされていないすべてのデータをエクスポートするか、選択されたデータをエクスポートするか、エクスポードするデータの範囲の設定もできます。

自動エクスポートを使用する場合、ソフトウェアは別のエクスポートタスクを起動して、リアルタイムでスクレイピングされた新しいデータを含むすべてのデータをエクスポートします。

P.S.自動エクスポートは、プレミアムプランとそれ以上のプランのユーザーのみが使用できます。 スケジュール機能と組み合わせると、時間を大幅に節約し、効率も高まります。

ステップ5:

エクスポートおの設定が完了したら、「エクスポート」ボタンをクリックしてデータをエクスポートします。

エクスポートが正しい場合、エクスポート数のログが直接表示されます。

 

エクスポートが成功すると、ユーザーはエクスポードされたデータをマークするかどうかを選択できます。

以前に正常にエクスポートできる場合は、データを正常にマークすると、対応する数のマーカーが表示されます。