ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介 スクレイピング事例

【スマートモード】タスクの編集画面の紹介

2019-10-25 14:07:04
56 views

摘要:本文では、スマートモードのタスク編集画面を紹介します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

タスクを新規作成した後、編集画面に行きます。本文では、タスクの編集画面を簡単に紹介します。

1.URLの変更

下記の画像のようなアイコンをクリックして、URLを変更できます。但し、200以上の変更はローカルのファイルで編集してください。

ヒント:こちらの変更はローカルのファイルに影響を与えません。

URL編集の詳細はこちらでご参照ください。

2.事前ログイン

ログイン必要なページをスクレイピングする時、事前ログイン機能をご利用ください。

事前ログインの詳細はこちらでご参照ください。

3.事前操作

下記の画像のようなアイコンをクリックして、事前操作ができます。

事前操作にはフローチャートモードにかなり似っていますので、フローチャートモードの操作をご参照ください。

4.キャプチャーの解決

下記の画像のようなアイコンをクリックして、キャプチャーを手動で解決できます。

5.プロキシサーバー

キャプチャーとその他にブラックされた時、プロキシを切り替えがちゃんと役に立ちます。

6.Webセキュリティーオプション

Webページはエラーが発生したときにこの機能を試すことができますが、このオプションを開くと、ページ上の一部のコンテンツ(iframe内のコンテンツなど)がスクレイプされない場合があることに注意してください。

7.ブラウザーの切り替え

一部のWebページには、コンピューターと携帯電話で異なるコンテンツが表示されます。 通常、ソフトウェアはデフォルトでコンピューターバージョンのWebページをスクレイピングします。 ユーザーがモバイル版のWebページをスクレイピングしたい場合は、ブラウザーモードを切り替えることでスクレイピングできます。

ブラウザーの切り替えの詳細はこちらでご参照ください。

8.ページタイプの設定

通常、ソフトウェアはページタイプを自動的に識別します。 識別できないWebページに遭遇した場合、xpathを編集または手動で識別に変更できます。 通常、ソフトウェアはデフォルトでリストモードページを識別します。 詳細ページの場合は、手動で変更する必要があります。

ページタイプの設定の詳細はこちらでご参照ください。

9.ページ番号の設定

ソフトウェアは通常、ページネーションを自動的に認識します。 自動的に識別できないページの場合、ページボタンを手動で選択するか、xpathを変更できます。 詳細ページタイプのページが見つかった場合は、[必要なし]を選択してください。

ページ番号の設定の詳細はこちらでご参照ください。

10.スクレイピング範囲の設定

この機能を使用して、開始ページと終了ページを設定したり、データのスキップとタスクの停止トリガーを設定したりできます。

11.フィルター

下記の画像のようなアイコンをクリックして、データーのフィルターができます。

フィルターの詳細はこちらでご参照ください。

12.クリア

ソフトウェアによって自動的に識別されるデータに満足できない場合は、この機能を使用してすべてのデータをクリアし、フィールドの追加機能を使用して必要なデータを選択できます。

13.詳細ページに行く

詳細ページのデータをスクレイピングする必要がある場合は、詳細ページに行く

機能を使用してスクレイピングできます。

詳細ページに行くの詳細はこちらでご参照ください。

14.フィールドの追加

下記の画像のようなアイコンをクリックして、フィールドを追加できます。

15.起動

タスクの設定が完了後、起動ボタンをクリックして、スクレイピングを開始します。

16.保存

タスクの設定が完了後、保存ボタンをクリックして、設定された条件を保存できます。