ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

【フローチャートモード】データを選別する方法 | Webクローラ | ScrapeStorm

2019-11-22 15:34:57
1928 views

摘要:本文では、スマートモードでのデータフィルタを紹介します。プライミング必要なし、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

スクレイピングタスクを設定中に、ヌルを持つデータや文字を含むデータなど、スクレイピングの速度と効果に影響を与える不要なデータが遭遇することがあります

ScrapeStormチームは、タスクを起動する前にデータをフィルタできる機能が開発しました。

[フィルター]ボタンは、タスクアクションバーの右上隅にあります。 ボタンを直接クリックして、データをフィルタできます。

「フィルター」画面では、条件が満たされたときにデータを保存するか、スクレイピングを終了するかを選択できます。

1. 新規

[新規]ボタンをクリックして、新しいフィルターを追加できます。

2.グループの関係

二つの条件があり、「AND」または「OR」オプションを選択できます。複数のフィルター条件を設定する場合、複数の「OR」並列条件、または複数の「AND」交差条件を設定できます。 通常、「OR」+「AND」の条件は設定されていません。

3.フィールド名

データフィルタにより、必要なフィールドを選択できます。 異なるフィールドにフィルター条件を設定する場合は、「新規」ボタンをクリックして複数の条件を追加できます。

4.コンディション

条件オプションボックスには、「NULL、NULLではない、含む、含まない、=、≠、>、<、=(時間)、≥(時間)、≤(時間)」などの10の条件オプションがあり、要件に従って条件を選択できます。

5. 値

入力ボックスにテキスト、数字、時間などを入力できます。

6.消去

このフィルターが不要な場合は、「消去」をクリックして消去できます。