ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

【フローチャートモード】コンポーネント「判断」の使い方 | Webクローラ | ScrapeStorm

2019-11-21 13:51:54
1873 views

摘要:本文では、フローコンポーネント「判断」の機能と使用方法を紹介します。プライミング必要なし、使いやすいです。 ScrapeStorm無料ダウンロード

フローコンポーネントとは」チュートリアルでは、ScrapeStormフローチャートモードのさまざまなフローコンポーネントを紹介しました。本文では、フローコンポーネント「判断」の機能と使用方法を紹介します。

「判断」コンポーネントは、行動コンポーネントの行動を条件付きで実行するために使用され、単独で使用できず、行動コンポーネントと組み合わせて使用する必要があります。

補助クリック操作によって追加された「判断」コンポーネント作成でき、直接使用できます。

コンポーネント画面からドラッグされた「判断」コンポーネントは完全ではありません。 ドラッグされたコンポーネントには、判定条件サブコンポーネントが含まれます。 完全な「判断」コンポーネントを形成するには、他の行動コンポーネントをドラッグする必要があります。

「判断」コンポーネントを使用している場合、判定条件が満たされていれば下の処理を判定し、判定条件が満たされていない場合は上のフローを実行します。

「判断」コンポーネントには、2つのシーンがあります。

1.テキストを含む

このテキストがページに表示されたらコンポーネントの下のコマンドを実行し、そうでない場合はコンポーネントの上のコマンドを実行します。

2.要素を含む

この要素がページに表示されたらコンポーネントの下のコマンドを実行し、そうでない場合はコンポーネントの上のコマンドを実行します。

要素のXPathは、設定ボックスの右側にあるボタンをクリックしてページ内の要素をクリックするか、XPathを手動で編集することで自動的に生成できます。

xpathの詳細については、ここをクリックしてください。