ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

Python入門 | 2021年Pythonが学べるおすすめの本15選! - ScrapeStorm

2021-07-16 14:19:22
17 views

摘要:Pythonは今最も人気のあるプログラミング言語の一つ、設計の最初に、構文の単純さと読みやすさを実際に考慮していました。プログラミングの習慣を適切に保つことにより、より明確で、読みやすくコードを書くことができます。本文は2021年Python入門について15選の本を推薦します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

Pythonは今最も人気のあるプログラミング言語の一つ、設計の最初に、構文の単純さと読みやすさを実際に考慮していました。プログラミングの習慣を適切に保つことにより、より明確で、読みやすくコードを書くことができます。

今回はAmazonでPython入門をキーワードとして、最も人気がある書籍をスクレイピングします。抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

そして、レビュー人数が多い、高評点のデータをフィルターして、下記2021年Python入門について15選の本を推薦します。

1.独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

評点:4.1    購入:Amazon

価格:¥2,420(単行本)¥2,178(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

本書は「Pythonだけ」を学ぶ本ではありません。Pythonを使ってプログラミングを紹介していますが、伝えたい内容はPythonに限らない「プログラミング全般」の知識です。

プログラマになるためのスキルを独学できる本です。Pythonプログラミングの基本を学べるだけでなく、プログラマとして必要なスキル(シェル、正規表現、パッケージ管理、バージョン管理、データ構造、アルゴリズム、仕事の始め方・やり方)もひと通り学べるのが特徴です。

「プログラミングを始めたい」「できればその道でプロを目指してみたい」――そんな読者にオススメです。

2.スッキリわかるPython入門 (スッキリシリーズ)

 

評点:4.2    購入:Amazon

価格:¥2,640(単行本)¥2,376(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

データ分析やAIの分野で注目のプログラミング言語「Python」(パイソン)は、WebやIoTをはじめとした幅広い分野で活用されています。

汎用性の高さに加え、文法がシンプルで、簡潔なプログラムを書くことができるため、教育用プログラミング言語としても採用が増えてきました。

しかし、シンプルとはいえPythonには多くの文法・記法があり、初心者が独学でマスターするのは簡単ではありません。

3.入門 Python 3

 

評点:4.1    購入:Amazon  注意:本書は2021年に第二版が出版されました。

価格:¥4,070(単行本)

概要(引用元:Amazon):

本書は、プログラミングが初めてという人を対象に書かれた、Pythonの入門書です。

前提とする知識は特にありません。

プログラミングおよびPythonの基礎からウェブ、データベース、ネットワーク、並行処理といった応用まで、Pythonプログラミングをわかりやすく丁寧に説明します。

4.詳細! Python 3 入門ノート

 

評点:4    購入:Amazon

価格:¥2,948(単行本)¥2,801(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

本書は今もっとも注目されているプログラム言語Python 3.6の入門書です。プログラミングを学ぶベストプラクティスはコードを読み、コードを書くことに尽きます。

538本のサンプルコードと154本のPythonファイルを使って、Pythonの基礎をしっかり学び、その応用として機械学習プログラミングの扉を叩きましょう。

5.独習Python

 

評点:4.1    購入:Amazon

価格:¥3,300(単行本)¥2,970(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

独習シリーズの強みである、手を動かしておぼえる(書いて実行して結果を確認する)

特長を生かし、Pythonの基本的な言語仕様から、標準ライブラリ、ユーザー定義関数、

オブジェクト指向構文、モジュールまで、サンプルプログラムを例示しながら

詳細かつ丁寧に解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、解説→例題(サンプル)→理解度チェック

という3つのステップで、Pythonでプログラミングを行う際に必要な知識・概念・機能を体系的に習得できます。

プログラミングの入門者、これからPythonで開発を始めたい初学者から、再入門者、

学生・ホビープログラマまで、「一からPython言語を学びたい」「Pythonプログラミング

の基本をしっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。

6.ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版こんにちはPython

 

評点:4.3    購入:Amazon

価格:¥1,650(単行本)¥1,485(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

授業で習うとなると、とたんにプログラミングがつまらなくなりそう。プログラミングだけでなく、IT全般をきらいになっちゃうかも――。そんな懸念を吹きとばすのが、すがやみつる先生の書き下ろし入門マンガ、令和版の『こんにちはマイコン』ともいえる本書です。プログラミングの必要性はもとより、プログラムをつくって動かす楽しさ、面白さをバッチリ伝えます。もちろん、プログラミング未経験の大人が読んでも役立ちます。

7.PythonでExcel、メール、Webを自動化する本

 

評点:4.1    購入:Amazon

価格:¥2,398(単行本)¥2,158(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

本書ではプログラミング言語Pythonを使って、パソコン仕事の中心であるExcel作業を自動化する方法を紹介します。Excelとともにメール、Webの自動化もしっかり扱います。これにより、Webから抽出したデータをExcelファイルに保存してメールで送信、といった連携も行えるようになり、仕事での活用の幅が広がります。

プログラミング初心者である社会人が、実際に自分の仕事が自動化できるように、必要な情報をもれなく丁寧に解説することを心掛けました。本書を片手に「新しい仕事のやり方」を始めましょう!

8.Pythonスタートブック [増補改訂版]

 

評点:4.1    購入:Amazon

価格:¥2,750(大型本)¥2,455(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

プログラミングの知識がゼロの方でも理解できるイラストやサンプル満載のわかりやすい解説はそのままに、最新のPython 3に完全対応しました。さらに、プログラミングの応用編として、Webアプリケーション開発やデータ処理の基本も解説しています。基本の基本から、データ型を駆使したオブジェクト指向プログラミングまで、Pythonならではのプログラミングを楽しく解説します!

9.スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

 

評点:4.2    購入:Amazon

価格:¥2,035(単行本)¥1,643(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といったプログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、しっかりPythonの基礎文法を身につけることができます。

10.ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

 

評点:4.4    購入:Amazon

価格:¥3,740(単行本)

概要(引用元:Amazon):

ディープラーニングの本格的な入門書。外部のライブラリに頼らずに、Python 3によってゼロからディープラーニングを作ることで、ディープラーニングの原理を楽しく学びます。

ディープラーニングやニューラルネットワークの基礎だけでなく、誤差逆伝播法や畳み込みニューラルネットワークなども実装レベルで理解できます。

ハイパーパラメータの決め方や重みの初期値といった実践的なテクニック、Batch NormalizationやDropout、Adamといった最近のトレンド、自動運転や画像生成、強化学習などの応用例、さらには、なぜディープラーニングは優れているのか?なぜ層を深くすると認識精度がよくなるのか?といった“Why”に関する問題も取り上げます。

11.Excel×Python最速仕事術

 

評点:3.6    購入:Amazon

価格:¥2,398(単行本)¥2,158(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

「ExcelをPythonで自動化」なんていうと難しそうに聞こえるかもしれません。でも、実はどのプログラムもものすごくシンプル。すでに身に染みついているExcelの手作業を基にしているので、プログラムを読んでいるだけでも「何をやっているか」がリアルにわかるのが本書のミソ。ビジネスパーソンがプログラミングに入門するにはピッタリの題材なのではないでしょうか。

12.Pythonではじめる機械学習 ―scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎

 

評点:4.4    購入:Amazon

価格:¥3,740(単行本)

概要(引用元:Amazon):

Pythonの機械学習用ライブラリの定番、scikit-learnのリリースマネージャを務めるなど開発に深く関わる著者が、scikit-learnを使った機械学習の方法を、ステップバイステップで解説します。

ニューラルネットを学ぶ前に習得しておきたい機械学習の基礎をおさえるとともに、優れた機械学習システムを実装し精度の高い予測モデルを構築する上で重要となる「特徴量エンジニアリング」と「モデルの評価と改善」について多くのページを割くなど、従来の機械学習の解説書にはない特長を備えています。

13.退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

 

評点:4.1    購入:Amazon

価格:¥4,070(単行本)

概要(引用元:Amazon):

ファイル名の変更や表計算のデータ更新といった作業は、日々の仕事の中で頻繁に発生します。

ひとつふたつ修正するだけであれば問題ないのですが、それが数十、数百となってくると手に負えません。

そのような単純な繰り返し作業はコンピュータに肩代わりしてもらうとすごくラクになります。

本書では、手作業だと膨大に時間がかかる処理を一瞬でこなすPython 3プログラムの作り方について学びます。対象読者はノンプログラマー。

本書で基本をマスターすれば、プログラミング未経験者でも面倒な単純作業を苦もなくこなす便利なプログラムを作れるようになります。

さらに、章末の練習問題を解くことで、類似のタスクを自動処理するスキルをもっと高めることができます。

14.Pythonによるデータ分析入門 第2版 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

 

評点:4.3    購入:Amazon

価格:¥4,180(単行本)

概要(引用元:Amazon):

本書はPythonの代表的なデータ分析ツール、pandasの開発者Wes McKinneyによる、データ分析を行うための基本を網羅しています。

すべてのサンプルコードはダウンロード可能で、Jupyter Notebookで対話的に試し、実際に手を動かしながら知識を確実なものにすることが可能です。

15.シゴトがはかどる Python自動処理の教科書 単行本(ソフトカバー)

 

評点:4.3    購入:Amazon

価格:¥2,739(単行本)¥2,465(電子書籍)

概要(引用元:Amazon):

本書では、Pythonを使って、ビジネス上よく起きるさまざまな作業を自動化します。

サンプルが用意されているので、実際にプログラムを動かして試してみることができます。

Pythonの文法も要点を押さえて説明してあるので、自分の作業に合わせてカスタマイズしやすくなっています。

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。

关闭