ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

【scrapestorm】github-vs-gitlab-両者の区別を簡単紹介 - ScrapeStorm

2022-06-02 09:50:57
178 views

摘要:この記事はGitHubとGitLabの区別を簡単紹介します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

GitHubとは?
GitHubという言葉を分解すると、git(ギット)のhub(ハブ)。日本語で「拠点」の「集まり」と訳すことができます。世界最大のコード管理プラットフォームと言えます。開発者はGitHhubで交流と学習できます。
2008年2月、Chris Wanstrath、PJ Hyett、Tom Preston-Werner、Scott ChaconはRuby on Railsを使用してGitHubを開発しました。最初の分散バージョン管理システムであったため、GitHubはその後、多くのオープンソースコードのリポジトリに発展されました。

GitLabとは?
GitLabは先進的なソフトウェア開発に必要な多くの機能を統合した製品です。単一のアプリケーションでソフトウェアを開発、保護、操作する能力を備えています。開発者DmitriyZaporozhetsとSytseSijbrandijによって2011年に開発されたGitLabは今約3000万人のユーザーがおり、そのうち100万人のアクティブユーザーがいます。
当初は、ソースコード管理プラットフォームとしてソフトウェア開発チーム内で協力するために使用されていたが、その後、ソフトウェア開発ライフサイクル、さらにはDevOpsライフサイクル全体にわたるプラットフォームに発展した。

GitHub VS GitLab
ある程度、GitHubとGitLabはよく似ています。どちらもLinux上で実行され、問題トレーサが付いており、サードパーティ製の統合ツールとインポートツールが多数用意されています。
どちらもオープンソースをサポートしていますが、リポジトリは異なるプログラミングモデルを使用しています。GitLabはコア業務を開放しており、無料のコミュニティ版とオープンソースを維持しています。もちろん、企業版はより多くの機能を持っています。また、GitHubの場合、そのコードには多くのオープンソースコードが含まれていますが、オープンソースプロジェクトではありません。
ただし、どちらもWebベースのリポジトリを提供しており、オープンソースでGitベースのコード管理が可能であり、リモートリポジトリのローカルファイル変更をサポートしています。
これに加えて、2018年10月26日にマイクロソフトが75億ドルで買収したため、多くの人がGitHubを放棄することを選択しました。一部の人々にとって、マイクロソフトがオープンソースソフトウェアの開発をサポートしているとしても、マイクロソフトは常に「悪役」になります。しかし現実には、GitHubをあきらめてGitLabを選択する人は多くありません。

GitHubは、新しいブランチとマスターブランチのマージもサポートしています。 このようにして、ユーザーは問題が発生した場合に迅速に展開し、以前のバージョンに戻すことができます。GitLabでは、ユーザーはマスターブランチの外部に複数の安定したブランチを作成できますが、これは、ユーザーがマージするときに複数のテストと複数のコード審査を行う必要があることを意味します。
また、GitLabは、完全なDevOpsプラットフォームである完全なソフトウェア開発ソリューションを提供します。 GitLabは、Jira、Microsoft Teams、Slack、Gmailなどの多くのサードパーティプログラムおよびプラットフォームと統合できます。


まとめ
個人または小規模チームの場合、GitHubとGitLabは、無限のパブリックライブラリとプライベートライブラリを含む無料バージョンを提供します。しかし、大手インターネット会社であれば、無料バージョンの機能は明らかに不足しており、会社は異なるニーズに対応して選択することができます。

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。

Pythonダウンロードファイル
关闭