ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
入門ガイド 特徴紹介

フローチャートモード | Webクローラ | ScrapeStorm

2023-10-09 08:57:55
192 ビュー

摘要:フローチャートモードは、ユーザーの豊富なパーソナライズされたデータ収集のニーズを満たすために ScrapeStormチームによって開発された操作モードです。 フローチャートモードでは、Webページの視覚的なクリック操作をサポートしており、手動Webブラウジングの考え方と完全に一致しており、ユーザーは収集されたWebサイトを開くだけで、マウスを数回クリックするだけで複雑なデータ収集ルールを自動的に生成します。 ScrapeStorm無料ダウンロード

ScrapeStormとは、強い機能を持つ、プログラミングが必要なく、使いやすい人工知能Webスクレイピングツールです。

概要

フローチャートモードは、ユーザーの豊富なパーソナライズされたデータ収集のニーズを満たすために ScrapeStormチームによって開発された操作モードです。 フローチャートモードでは、Webページの視覚的なクリック操作をサポートしており、手動Webブラウジングの考え方と完全に一致しており、ユーザーは収集されたWebサイトを開くだけで、マウスを数回クリックするだけで複雑なデータ収集ルールを自動的に生成します。

適用シーン

フローチャートモードは、現在インターネット上にある Web ページ データの 99% を収集できます。

メリット:このモードは、Web ページの視覚的なクリック操作をサポートするだけでなく、手動 Web ブラウジングの考え方に完全に準拠しており、ユーザーは収集された Web サイトを開くだけで、マウスを数回クリックするだけで複雑なデータ収集ルールを自動的に生成します。ビルディング ブロック コレクション コンポーネントをサポートしています。スプライシング操作により、複雑なコレクションとコーディングのプロセスが視覚的にカプセル化され、コレクション ルールの開発がビルディング ブロックと同じくらい簡単になり、知識がなくてもすぐに始めることができます。

デメリット:複雑なフローチャートは、特に大規模なデータを処理する場合にパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。 データ フローが複雑になると、処理時間とリソースの消費量が増加する可能性があります。 フローチャートが複雑になると、エラー処理やトラブルシューティングが困難になる可能性があります。

図例

1. ScrapeStormのフローチャートモード。

2. フローチャートモードを利用してデータを抽出します。

関連記事

フィールド

データ収集(Datacollection)

スマートモード

スクレイピングツール

参考リンク

https://jp.scrapestorm.com/tutorial-list/main-features/flowchart-mode

https://jp.scrapestorm.com/tutorial/what-is-a-behavior-component-in-flowchart-mode/

https://jp.scrapestorm.com/tutorial/what-is-a-flow-component-in-flowchart-mode/

Pythonダウンロードファイル レギュラーマッチメール phpスクレイピング pythonスクレイピング 画像の一括ダウンロード データを自動的にExcelに整理する 動画の一括ダウンロード ウェブコンテンツのキーワードを抽出 ウェブページをwordにダウンロードする バッチで URL を生成する
关闭