ダウンロードと新規登録
無料で$5のクーポンをゲット
日本語
入門ガイド 特徴紹介

3つの視点から全地域旅行ビッグデータの開発を分析する - ScrapeStorm

2021-03-05 14:14:26
377 views

摘要:全民旅行時代に、旅行の発展は感性の経験に依存しなく、ビッグデータに従って決定する。 ならば、ビッグデータは旅行の発展にどのような影響を与えるのか?これからいくつかの角度から分析してみましょう。 ScrapeStorm無料ダウンロード

全民旅行時代に、旅行の発展は感性の経験に依存しなく、ビッグデータに従って決定する。ならば、ビッグデータは旅行の発展にどのような影響を与えるのか?これからいくつかの角度から分析してみましょう。

供給からの分析

ビッグデータが観光地により精確なマーケティング、ポジショニングと業態の革新をもたらす。モノネットワークにおける商品と物流情報、インターネットにおける人と人の相互作用情報、位置情報などはビッグデータの3つの主要なソースです。

全地域旅行は、特定のエリアを完全な観光地として立ち上げ、勝つためにはポジショニングが必要です。マーケティングのポジショニングは、観光資源と歴史的蓄積に焦点を当てる傾向がありました。ビッグデータは、観光客の数、構成、軌跡、景勝地の好みを分類し、観光客の方から正確に特定するのに役立ちます。

全地域旅行は、供給側の構造改革として、必然的に観光産業の変化と観光商品の革新と最適化を伴います。観光とインターネットの組み合わせは、仮想観光、カスタマイズされた観光を生み出しました。このような新しい分野と新しいビジネスフォーマットは、これまでの業界の運用モードを打ち破るだけでなく、より大きな観光客の価値と付加価値をもたらします。

需要からの分析

需要側の改革は結局観光客に役たちます。ビッグデータは生態系に向けた知恵旅行に立脚します。全地域旅行の最終目的は観光客により多くのサービスと体験を提供することです。「旅行+インターネット」では、価値生態系に向けた知恵旅行の概念を作ることが重要です。

大量データの運用は、生産性の成長と消費者の黒字の波の到来を示しています。情報化時代では、商品主導の論理を変え、サービス主導の論理に変える必要があります。これには、観光客にサービスを提供するビッグデータの概念の確立、ビッグデータシステムとプラットフォームを使用して、観光客にサービスを提供する完全なエコロジーバリューチェーンを構築します。

業界監督からの分析

ビッグデータは、市場のサービスと監督に役立ちます。観光客の満足を達成するために、全地域旅行は観光客の「ネガティブな感情」をできる限り避けまたは減らす必要があります。観光客の「ネガティブな感情」は、「食事、住居、交通、旅行、買い物、娯楽」のあらゆる側面から生じる可能性があり、全地域旅行能力の向上と観光環境の最適化が必要です。

現代の情報技術、ソーシャルデータリソース、およびソーシャル化された情報サービスを効率的に使用することで、一方では社会的監督を強化し、他方では市場エンティティの行動を規制するという国民の積極的な役割を演じることができます。

免責事項: 本文はユーザーが提供して、侵害がありましたら、ご連絡してすぐに削除します。ScrapeStormは、ユーザーが本ソフトウェアを使って行うすべての行為に対して、一切責任を負いません。

Pythonダウンロードファイル
关闭